Tag: 山

ヒトナシ坂

俺は週末に、中学で仲良くなった友達 Aのところに泊まりに行くことになっていた。
Aの家はI山という山の中腹にあって、俺の家は山のふもとにある。双方の家ともに一番近くのコンビニに行くのに車で30分もかかる寂れたところだ。
泊まりに行く前日に、Aの家の場所がわからないので山の地図をもってAに家がどの辺にあるか教えてもらった。
地図上で見れば、俺の家とはかなり近かった。が、Aの家まで行くには、
山の周りにある道路に沿ってぐるりと遠回りしなければならない。その距離、10キロ。
真夏の暑い中、10キロも走るのか・・・と少しげんなりしていた俺は地図の中を走る一本の道を見つけた。
その道は、俺の家から少しいったところから始まって、山を一直線に登り、
Aの家のすぐ近くで終わっていた。長さは5キロほど。この道を使わない手は無いだろう。
俺「こっちの道のほうが近いやん」
A「あー、でもこの道なぁ、舗装もされてないし、急やし、人もぜんぜん通らんからやめたほうがイイで」
俺「通れるんやろ?」
A「うーん・・まぁ通れるけど・・まあええか。そっから来いや」
ということで、その道で行くことになった。
その晩、家族に「こんな道ぜんぜんしらんかった。」
とその道のことを話した。両親はそんな道あったんやねぇ とかなんとか言っていたが、
じいちゃんは一人眉間にしわを寄せ難しそうな顔をしている。どうやら、この道のことを知っているようだ。
この道は正式な名前はわからないが、この辺ではヒトナシ坂というらしい。
何か名前にいわくがありそうだったが、まぁ、どうでもいいことだ。

さて、翌日、Aの家に行く日がやってきた。家を出ようとする俺に、じいちゃんが真剣な顔で話しかけてきた。
「ええか、B (おれの名前)。あの坂は、夜になったら絶対通るな。絶対や。今じいちゃんと約束してくれ。」となぜか本気で心配している。
わかったわかったと一応言ったが、気になるので理由をたずねた。すると、
「あの坂には、昔っから化け物がおる。昼間はなんともないが、夜になるとでてくる。だから絶対通るな。」
なんだ年寄りの迷信か と思った。おれは幽霊なんて信じていなかったし、ましてやバケモノや妖怪なんてすべて迷信だと思っていた。
心の中で少しじいちゃんをばかにしながら自転車を走らせるとヒトナシ坂が見えてきた。本当にどうしてこんなに近いのに今まで気づかなかったのだろう。
坂は少し急になっており、一直線。地面はむきだし。左右の道端にはとても背の高い草が生えていて、横の景色がみえない。
だが、うっそうとしている感じは微塵も無く、真夏の太陽の光を地面が反射していてとてもすがすがしい気持ちになった。
しばらく自転車を走らせていると、トンネルがあった。
高さは2.3メートルほどで、幅は車一台がギリギリ通れるくらい。とても短いトンネルで、7・8メートルくらいしかない。すぐそこに向こう側がみえている。
立ち止まらずに、そのまま通った。中は暗く湿っていて、ひんやりした空気があり気持ちよかった。
その後、何事も無くAの家に着き、遊び、寝た。
翌日もAの部屋でずっとゲームをしたりして遊んでいて夕飯までご馳走になった。気づいたら、8時になっていた。

まずい 今日は9時から塾だ。遅れれば親に怒られる。俺はいそいでAに別れを告げ、自転車にまたがった。
帰りは、いくら坂でも10キロの道のりを行けば間に合わないかもしれない。だからヒトナシ坂を通ることにした。
じいちゃんと約束したが、しょうがない。バケモノもきっと、迷信だろう。
月明かりに照らされた夜道をブレーキなしで駆け下りていった。この調子なら塾に間に合いそうだ。
そう思っていると、昨日の昼間通過したせまいトンネルがぽっかりと口をあけていた。すこし怖かったが、坂で加速していたし通り過ぎるのは一瞬だろう。
いざはいったトンネルの中は真っ暗。頼りになるのは自転車のライトだけ。早く出たかったので、
一生懸命ペダルをこいだ。だが、おかしい。なかなかでられない。
昼間はすぐ出られたのに、今は少なくとも30秒はトンネルの中を走っている。
思えば、今夜は満月で、外の道は月光が反射して青白く光っている。だから、こんなに短いトンネルなら、その青白い道がトンネル内から見えるはずだ。
真っ暗と言うことはぜったいにない。一本道なので、道も間違えるはずがない。
おかしい。おかしい。おかしい。おかしい。   怖い。
そこまで考えたら、いきなり自転車のチェーンが 切 れ た。
どうしようどうしようどうしよう!!
立ち止まり、あせりまくる俺。まだ出口は見えない。
すると、闇の中、何かがいた。
浮いていて、遠くから近づいてくる 体はしびれたように動かない。
眼が闇に慣れ、ソレの姿がはっきり見えた。

白装束を着た女 だった。ただし、かなり大きな。異様に長い手足。最初は宙にういているように見えたが、四本足でトンネルの壁に張り付いている。
そしてゆっくりゆっくりこちらにむかってきている。ずりっずりっ と音を響かせながら。
髪は地面まで垂れ下がり、顔には異様にでかい。目玉と口。それしかない。口からは何か液体が流れている。笑っている。
恐怖でまったく働かない頭の中で、きっと口から出てるのは血なんだろうなぁとか俺はここで死ぬんかなとかくだらないことをずーっと考えていた。
女がすぐそこまで来ている。一メートルほどのところにきたとき、はじめて変化があった。大声で笑い始めたのだ。それは絶叫に近い感じだった。
ギャァァァァアアアアアハハハハァアアアァァァ!!!!!!みたいなかんじ。人の声じゃなかった。
その瞬間俺ははじかれたように回れ右をしていまきた道をはしりはじめた。
どういうわけか入り口はあった。もうすこし。もうすこしで出られる。
ふりむくと、女もすごい速さでトンネルの中をはってくる。
追いつかれる紙一重で、トンネルを出られた。
でも、振り返らずに、ひたすら坂を駆け上がった。

それからの記憶は、ない。両親の話によると、Aの家の前で、気を失っていたらしい。目覚めたら、めちゃくちゃじいちゃんにおこられた。
あとで、俺はじいちゃんにトンネルの中の出来事を話した。あれはなんなのか、知りたかった。
詳しいことはじいちゃんにもわからないらしい。だが、昔からあの坂では人がいなくなっていたという。だから廃れたのだと。
化け物がいる、といったのは、人が消えた際、しらべてみると、その人の所持品の唐傘やわらじが落ちていたからだそうだ。
だから、化け物か何かに喰われたんだといううわさが広まったらしい。まぁ実際に化け物はいたのだが。
そういうことが積み重なってその坂は「ヒトナシ坂」と呼ばれるようになった。

ヒトナシ坂のトンネルは、去年、土砂崩れで封鎖されて、通れなくなったらしい。
あの化け物は、まだトンネルの中にいるのだろうか。それともどこかへ消えたのか。
誰にもわからない。


かくれんぼ

私が小学4年生の頃の出来事です。
都会に住んでいたのですが学校でいじめられていたので、
引越しをして別の学校に行くことになりました。
引越し先の学校は学年が違う人たちが1クラスにまとまっていました。
クラスは私をいれて4人しかいませんでした。
初めてクラスのみんなに会って、みんな良い人だったので嬉しかったです。
次の日みんなの様子がおかしかったです。
授業中みんな「クスクス」と笑っていて不気味でした。
お母さんに言っても「そう…。」としか答えてくれませんでした。
その日ベットに入ってウトウトしていたら、お母さんの話し声が聞こえました。
「今度も駄目みたいね…。やっぱりちゃんとした所に行かせた方がいいのかしら…。」
私は何のことか分かりませんでした。

次の日から、私は前の学校と同じようないじめを受けました。
私がトイレに入った時は、いつもドタドタと足音を立てて入ってくるし、私が学校から帰る時はみんな窓から私を見て変な声で笑ってきます。
先生に相談しても、ずっとずっといじめられていました。
クラスのみんなはよく「遊ぼう!」と誘ってくれるけど、
遊んでも私を見て笑ってきます。最初の方が嫌々遊んでいたけれど
一緒に遊んでも楽しくないし、いじめられるので誘ってきても断っていました。
それでも学校に行くのは一人だけ私のことをいじめない子がいたからです。
その子は恵那ちゃんって名前でした。
恵那ちゃんは私がいじめられた後よく話しかけてくれます。
「あなたは悪くないわ。みんなが悪い。いじめられるのはみんなが悪いからよ。
あなたは悪くないよ。」
私がみんなにいじめられても励ましてくれます。
「みんなが悪いんだよ。」と。

私は一人で散歩に出かけるのが好きでした。
その日は学校の近くの山に行こうと思いました。
先生からは「山には入るな。」と言われていたけど、私は人と会うのが苦手だったので
人がいない山に惹かれていました。
山は道が無くて歩きにくかったです。
昼間でも薄暗くて怖かったです。
少し歩くとぼろぼろの木の小屋がありました。
中に入ってみると、中もやっぱりぼろぼろでした。
私はこの小屋を秘密基地にしようと思いました。
次の日からほぼ毎日、山の小屋に行きました。
小屋の中で私はよく絵を描きました。
引っ越す前から絵を描くのが好きでした。
絵を描いてるときは変な事をしてくる人がいないから。

授業が終わってみんなが帰った後、5年生の由佳ちゃんが話かけてきました。
「ちょっと見せたいものがあるんだ。付き合ってよ。」
私は嫌でしたが断るともっとひどい事をされるかもしれないと思ったので、
ついていきました。
学校の中を歩いて行き美術室の前で由佳ちゃんは止まりました。
「この中に見せたいものがあるんだ。」
私は美術室何かに何があるんだろうと思って部屋にはいりました。
美術室は他の部屋とあまり変わらず、スケッチ用の紙が何枚かおいてあるだけでした。
「何があるの?」と聞いて振り返った時、美術室の扉が閉まりました。
「ここからでちゃ駄目よ。」
そう言って、由佳ちゃんはいなくなりました。
私は怖くなって部屋を出ようとしましたが扉は開きませんでした。
鍵はついてなかったはずなんですが扉は開きませんでした。
私は「助けて、助けて。」と叫びましたが、私の声が響いて返ってくるだけでした。
外も部屋も暗くて前がよく見えませんでした。

朝明るくなってきた頃、先生とお母さんが入ってきて私を見つけてくれました。
私はお母さんに抱かれて部屋を出て行くときに美術室の中が目に入りました。
美術室のスケッチ用の紙・黒板・机によくわからないものが描かれていたのが見えました。
人間のように見えるけど人間じゃない。
手が何本も生えていて、顔には赤いぶつぶつができていて、とても人間には見えなかったです。
私はお母さんに昨日の事を言っても、お母さんは泣いているだけで何も言ってくれませんでした。
その日からお母さんが変になっていきました。

私が部屋にいる時は、気味の悪い声をあげて笑い、私の部屋の扉を勢いよく閉めていきます。
私がご飯を食べている時は、いつも「ゲエゲエ」と気持ちの悪い声を出しながら歯を磨きます。いつもいつもです。
お母さんがお母さんじゃなくなりました。
私の味方はもう恵那ちゃんしかいませんでした。
恵那ちゃんは、「あなたは悪くないわ。お母さんが悪いのよ。」
と励ましてくれます。

私はまた引っ越す事になりました。
先生とクラスのみんながお別れ会をしてくれましたが、みんな不気味な声で笑っているだけでとても怖かったです。
引越しをする前日に恵那ちゃんが話しかけてきました。
「このまま仕返しもしないで、引越していいの?何か仕返しをしよう。」
そう言って仕返しの方法を教えてくれました。
私は由佳ちゃんとクラスのいつも不気味に笑っている二人を山の入り口に呼びました。
「ねぇ、最後に一緒に遊んでくれる?」と私は誘いました。
「いいけど、山で遊ぶの?ここは入っちゃ駄目なんだよ」由佳ちゃんが言いました。
「この山でね、かくれんぼをして最後の一人になるまで見つからなければお願いが叶うんだよ。私、鬼になるからみんな隠れてよ。」
「でも、ここ暗いし、迷ったらどうするの?」
「私、この山でよく遊んでるから道知ってるし大丈夫だよ。ね、やろうよ。」
みんな暗い山の中に入っていきました
気分が良くなったので絵を描きたくなりました。
私は探すフリをして小屋に行き絵を描きました。

不安げな動きがしても気づかぬフリをして歩いていきました。
真夜中の山で怯えてしまえばいい。
一晩中寝られずにいればいい。消えてしまえ。
私は家に帰り、いい気分で眠りにつきました。
由佳ちゃんが行方不明になりました。
お母さんは私をひどく叱りました。
私は悪くないのに。

その後は引越しはしませんでした。ずっと白い家に住んでいます。
誰かがドアを開けて入ってきました。
その人は白い服を着ていて、一枚の絵を持っていました。
その絵は、とてもカラフルな絵でした。中央に手足みたいなものが何本もあるような絵が描かれていて、その回りにぐちゃぐちゃな物が3個ありました。
白い服を着た人がしゃべりかけてきました。
「こんにちは。願い叶ったよ」と。
よく分かりませんでした。


ぼろぞうきん

俺がまだ小学校3年生でクワガタ虫捕獲に夢中になっていた時の事です。
小学生の時はゲットしたクワガタの大きさ種類でヒエラルキーがあった筈。
5年生のH君がヒラタクワガタをゲットした。と情報が流れその情報に奮起した俺たち3年生二人と6年生のO君が近所のD山に最強のミヤマを捕りに行く事になった。
ミヤマクワガタが最高のランクで赤くてクワがすごければもうそれだけで学校のチャンプだったのだ。
D山はちょっと小高い山の上にテニスコートのあるクワガタがよく捕れるポイントだった。
周囲は金網で覆われて基本的には立ち入り禁止だったがおかまい無しでみんな金網に穴をあけたり、金網を乗り越えたりしてクワガタランキングに挑戦していた。
私有地であるにもかかわらず(893の私有地だという噂もあった)。
まぁ、小学生ってのはそんなものだったとしておいて下さい。

いつもの用に金網にあいた穴から山に入り込んだガキどもはクヌギを蹴っ飛ばして落ちてくるカナブンやらコクワガタを広い集めプラケースに入れて目的地に向かった。
目的地は一番でかいクヌギの木で、その木ではヒラタはおろか伝説のオオクワガタすら捕獲出来たと言うありがたい木だった。
蹴りだけではびくともしないので最年長のO君が木に登り、ミヤマを探す。という作戦を立てた。
ミヤマは高い木の上にいるのです。
猿のようにクヌギの木に登るO君を下でハラハラしながら俺たちは見守っていた。
しばらく木の上でごそごそやっていたO君が急に木から降りてきてこう言った。

「あのよう、あそこの囲いの中に雑巾のでかいやつが引っかかってるんだけど。」

そう言ってO君は茂みの中に少しだけ見えている緑の金網を指差した。

「のこぎり爺だったりして(w」

と俺たちはからかった。
のこぎり爺とはこの山に住んでいるという怪老人で、でかいのこぎりで侵入者を追い回す噂の人物だった。
いつもこの山に入る時はのこぎり爺の気配に気をつけながら侵入していたのだ。

クワガタの事は忘れて俺たちはその囲いの方へ足を向けた。
近づくにつれ、むかつくような臭いと(死んだザリガニの臭い)大小の蠅が気になった。
ちょっと窪地にあるその囲いは変電機を守るためのものだった。
そこには雑巾というよりは洋服を着た雑巾ではないものがぶら下がっていた。
猛烈な臭い、蠅の飛び交う音も聞こえる。
おわかりだろう。
俺たちは首縊り雑巾を見つけたのだ!

「首つりだ・・・」

怖くなって、でも逃げたら追いかけてきそうなのでゆっくりと元来た道を戻り、小走りで少し広い場所まで逃げた。
最年長のO君は頂上にテニスコートがあるのを知っているので通報してくる。
お前らは山から脱出しろ。
のこぎり爺に気をつけろ。
と言って別の道を通って通報に行った。
後に残された二人のガキどもは怖くなって急いで山を下りる事になった。

途中、何度も草に足を取られ転び、転げ落ちながら2人は山を必死に下りた。
一緒に居た仲間が本格的に擦りむいたので少し休憩した。
そこらの葉っぱで傷口を拭きながらさっきまで恐ろしいものがあった場所を振り返る。
生まれて初めて見る生死体。
それも腐った死体だという事実に二人はガクブルだった。
O君は無事に通報出来ただろうか?
そんな事を考えているとさっき降りてきた道を黒いコートを着たような男(?)が登って行くのが見えた。
ゆっくりとまるでえさを探す熊のようにのっそりのっそりと登って行く。

「おい、あれのこぎり爺じゃねぇか!?ヤバいよ。」

傷を葉っぱで拭いていた友人が俺に耳打ちした。
俺は恐怖マックスでうなずく事しかできなかった。

「うわ~~~~~!zght#’&ふじこ!!」

一気に恐怖が襲いかかり、こけようが何をしようがとにかく山を駆け下りた。
有刺鉄線で穴の周りを囲われた金網の穴に二人でサーカスのライオンのように飛び込んで二重の脱出劇を味わった二人だった。
俺はこのとき太ももを有刺鉄線で引っ掻いたらしく左の腿は血だらけだった。

結局、クワガタどころの騒ぎではなく山の下にはもう何台もパトカーが止まっていた。
O君もそこに居た。
O君が言うにはもう既に誰かが通報していたらしく俺たちが気づかないうちに仏さんは病院へ搬送されたのだそうだ。
つまり、山の下にいるパトカーは現場検証のためのパトカーなのだ。
救急車は居なかった。
ここでO君も含め、俺たちは釈然としないと言うか、おかしいと思う点があった。

まず、O君と俺たちの共通の疑問。
・もう通報されて仏さんは運び出されていたなら、俺たちが見たあの死体は何だったのか?
・山へ入る時は車の1台も止まっていなかったし、パトカーなんて目立つ車はいなかった。

そして、O君を除いた俺たちの疑問
・あの黒いコートの人物は誰なのか?
・警察が現場検証をしているならなぜ警察官とは出会わなかったのか?

警察官に太ももの応急手当をしてもらい(マキロンぶっかけただけ)警察にもう帰るように言われた。
黒いコートの男の話をするべきかどうか迷ったが話せなかった。
O君にも話してはいなかった。
のこぎり爺だったんだろうか?
その年の夏以降、俺たちはD山へは行かなくなった。
もっとクワガタが捕れる場所を見つけたのもあるが、何となくD山へ行くのが嫌だった。
太ももの傷はもう何十年経っているがまだ残っている。


  • PR

  • アマゾン ホラーランキング

    Powered by fun9.net
  •  

    2017年12月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 最近のコメント

  • Copyright © 1996-2010 2chの怖い話. All rights reserved.
    Jarrah theme by Templates Next | Powered by WordPress